古河市 基礎代謝とダイエットの関係

基礎代謝とダイエットの関係を理解しておくことが大事

 

基礎代謝は、健康維持やダイエットと深い関係がありますが、その基礎代謝とは何なのかというと、何もしなくても勝手に消費される、生きていくために必要な最低限のエネルギーです。

実は、人間が1日に消費するエネルギーの約60%を基礎代謝が占めていると言われているのです。

一方、運動などにより消費する生活活動代謝は、1日に消費するエネルギーの約30%程度で、こう考えると基礎代謝を上げることがダイエットにおいて重要なポイントになると分かります。

この基礎代謝による消費エネルギー量は、筋量や運動量・普段の生活習慣で大きく変化するので、できる限り基礎代謝が上がるような生活習慣を身につけることを心がけると良いです。

ただ、いくらダイエット中と言っても、基礎代謝量+生活代謝分のエネルギーが必要になります。

ですから、早く結果を出したいからと言って極端な食事制限により、1日の摂取エネルギー量を基礎代謝量以下にすると、生命維持のエネルギーまで不足してしまい大変危険です。

そのような危険な状態になることを回避するためにも、基礎代謝とダイエットの関係をしっかりと理解しておく必要があります。

 

それから基礎代謝とダイエットの関係を考える際に、基礎代謝は年齢と共に減少することも知っておく必要があります。

15~17歳の女性の基礎代謝量は平均で1日約1310kcalなのですが、30~49歳になると基礎代謝量の平均は約1150kcalになります。

つまり、1日に約160kcalも違いが生じて、一週間分で考えると約1120kcalも消費できない体になっていると言えます。

その証拠に、食べている量は昔と変わらないのに太るようになったとか、昔より食べる量が減ったのに痩せにくくなったなどという声をよく聞きます。

 

このように年齢と共に基礎代謝が低下しているので、できる限り基礎代謝を落とさないように心がけることが大切になります。

そこで、まず基礎代謝による消費カロリーの内訳が、脳で約20%、骨格筋肉で約20%、肝臓・心臓・肝臓など内蔵で約60%ということを知っておくことが大切です。

その理由は、運動による脂肪燃焼が代謝に大事と考えがちですが、内臓がきちんと動いていることが基礎代謝を下げない重要なポイントになるからです。

この点を勘違いしていると効果的なダイエットにつながらないので、内臓で消費されるエネルギー量の方が高くなっていることを理解しておきましょう。

ですから、温かい食事や体を温める運動などにより、血液のめぐりを良くして内臓機能を活発にすることを心がけることをおすすめします。

また、便秘気味の方は腸の動きが悪く代謝も低下してしまうので、発酵食品や食物繊維などを意識して摂取してバランスの良い食事を心がけて便秘解消をしましょう。

それ以外にも筋力アップすることで基礎代謝をアップできますし、質の良い睡眠を心がけることも代謝アップに大切なことです。

それから冷え性の人は体温が低いために消費されるエネルギーも少なくなるので、入浴や温かい食べ物などで体を温めることも大切です。

 

古河市 基礎代謝とダイエットの関係なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。