古河市 眼精疲労を引き起こす原因

眼精疲労を引き起こす原因は様々考えられる

 

ます最初に知っておいてほしいことは、疲れ目と眼精疲労は医学的に区別されていて違うということです。

目が疲れる・目が痛い・目が重いなどの症状があっても、休憩したり眠ったりすることで治るのは単なる疲れ目で、治らなくて症状が頑固に継続するのが眼精疲労なのです。

では、どのような症状が起こって継続するのかというと、目の症状としては目が疲れる・ぼやける・かすむ・目が痛い・充血する・目が重い・しょぼしょぼする・まぶしい・涙が出るなどです。

また、肩こり・倦怠感・頭痛・めまい・吐き気など体の症状も起こるので、疲れ目は心配には及びませんが、このような症状がいつまでも続く時は眼科で診察を受ける必要があります。

 

発症する主な原因としては、目の使いすぎや環境が考えられます。

具体的には、インターネットや携帯電話など目にとって過酷な環境なっていることで、それに伴い目の使いすぎを引き起こしていることです。

また近視や乱視などでメガネやコンタクトレンズを使用する際に、眼の状態に合っていないと起こることがあります。

それから見えづらいために目を凝らしたり、首を前に出したりする姿勢となって、それにより目が疲れたり首筋や肩が凝ったりします。

40代半ばから60歳ぐらいの間に急速に進む老眼が大きな原因になっているとも言われています。

パソコンや携帯電話を使用することでまばたきが極端に減って、眼球の表面が乾燥するドライアイも原因になります。

それから様々な目の病気も原因になるもので、緑内障が進行すると視野障害や視力低下を起こりますし、急に眼圧が上昇して眼痛・頭痛を起こすことがあって、それが原因になることもあります。

また白内障も進行するとまぶしさや視力の低下が生じることが原因で起こすことがありますし、両眼の視線が外側にずれている間歇性外斜視も引き起こす原因になります。

精神的ストレスにより高血圧・血行障害・胃潰瘍などの病気を起こして、それが原因で引き起こすこともあります。

 

では、眼精疲労の治療や対策として、どのようなことをしたら良いのかというと、まずは目の病気の有無を検査することです。

先に触れたように、ドライアイ・緑内障・白内障などの病気が原因になることもあるので、そうした目の病気がある時には治療しましょう。

また原因が特定できない場合であっても、細胞の新陳代謝をサポートするビタミン製の点眼を心がけることも症状の改善につながります。

現在使用しているメガネやコンタクトレンズが自分に合っているかチェックすることも大切で、老眼なら近用メガネ・遠近用メガネなどを状況に合わせて使い分けると良いです。

環境を改善することも治療や対策として大事なことで、パソコンに向かう時の照明の明るさに注意したり、光が画面に反射しないよう調整したりすることです。

また、目からキーボードや資料の距離を画面と同じ距離にすることも大切で、ドライアイを引き起こさない環境にすることも大事です。

目の周囲を濡れタオルで温めたり冷やしたりしてリフレッシュしたり、ストレスを発散するように心がけることも治療や対策としておすすめです。

 

古河市 眼精疲労を引き起こす原因なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。