古河市 顎関節症の改善

顎関節症の改善は顎周辺の筋膜の癒着によるこわばりを解消すること?

 

顎の関節の動きがうまくできなくなったり、食べものを噛む時に痛みを生じたりする場合には、顎関節症を発症している疑いがあります。

顎を動かした時に音がなる程度の軽い症状を含めると、日本人の約半数近くが発症していると言われていますし、最近は20~30代の女性を中心に増えているのです。

ちなみに若い女性の患者は男性の約2倍と言われていて、それは女性が男性と比べて骨格や筋肉が弱くて発症しやすいからと考えられています。

 

多くの場合は自然に治るのですが、顎に負担をかけ続けると症状が悪化することもあります。

症状にはいくつかありますが、代表的なものとしては口を開けようとすると顎が痛む、口を開けづらい、顎の関節から音が鳴るといった3つです。

発症する原因は噛み合わせの悪さと考えられていましたが、最近では顎に負担がかかる日常生活の動作や、精神的なストレスの積み重ねが原因になっているケースが多くなっています。

特に、パソコンや携帯電話を使用する時に前傾姿勢になる、歯を食いしばる癖など顎関節や筋肉に負担をかけるなどが原因になります。

また、入れ歯が合わないことで発症する高齢者も増えていて、年齢層に関係なく発生する生活習慣病とも言えます。

それから、原因をひとつに特定することは難しくて、いくつかの原因が関係している場合が多いのです。

 

先にも触れましたが多くの場合は自然に治るので、特別治療する必要はないのですが、口の開閉が難しかったり痛みが治まらなかったりする場合には治療が必要と考えられます。

以前は噛み合わせが原因と考えられていたことから、マウスピースを使用したり歯を削ったりして噛み合わせをよくする手法が多かったです。

しかし、そうした治療が患者の身体的な負担になって逆に悪化する例もあったことから、最近は患者の負担をなるべく抑える手法が取り入られています。

ただ、これといった医療機関における標準的な治療法がないのが現状ですが、ここ数年マッサージや運動を積極的に治療に取り入れる考えが実施されています。

顎周辺の筋肉を覆う組織の筋膜に着目して、痛みのもとになる顎周辺の筋膜の癒着によるこわばりを、マッサージでほぐすことが顎関節症の治療として提唱されているのです。

マッサージのやり方としては、指に力を入れて首の後ろからゆっくりと前に移動して、こめかみを指で押して小さな円を描きます。

次に頭頂部からゆっくり指を耳の上まで移動させそのまま円を描くようにしてほぐすのです。

また、パピプペポなどハッキリ発声して、緊張した口周辺の筋肉や舌をリラックスさせる方法など、自宅でも簡単にできる方法が推奨されています。

 

このようなマッサージでも痛みが引かなくて、口が開かなくなった場合には病院で鎮痛剤や筋弛緩薬を投与してもらう治療を受ける必要があります。

また、重症と診断されたら外科手術になる可能性もあるので、生活習慣やストレスなど顎への負担となる要因を減らす心掛けが大切です。

それから、自分に適した方法でリラックスする時間をつくることも良いです。

 

古河市 顎関節症の改善なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。