施術時間

こんにちは、院長の霜出です。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

 

今回は治療時間について書いていこうと思います。

長い時間マッサージされた方が身体が良くなるのでは、、、

 

そう思っている方は続きを読んでください。

 

 

真実は

 

施術時間は短ければ短い方がいいです。

我々が行う施術は結局のところ身体に良くも悪くも刺激をいれています。ですので、必要以上に長い時間刺激を入れないように心掛けています。

時間は短く、手数は少なく、が身体を良くしていくには必須条件になると考えています。

 

オペを例に話していきます。

私が患者で手術を受ける時に、手術時間は長い方がいいんですよ!メスは深く入れた方がいい!必要じゃない所も切っておきますね!

なんて話をされたら受けません。受ける人いませんよね?

 

ですが、整体やマッサージで身体を良くしたいと思って受ける方って、オペならまずお願いしないようなことをお願いしてきます。

もっと長くマッサージしてほしい、もっと他の所もマッサージしてほしい、

長い時間の施術が悪いとは言っていませんが、短い時間で効果が出ているのに、そのあと30分揉まれることによって良くなった効果が持続しなくなったり、と長い時間施術したわりにいい結果が出ないということが起こっています。

 

なので私はこれからも

時間はなるべく短く、強さは軽く、手数は少なく、

を心掛けて患者さんの悩みを改善出来たらと思っています。