古河市  上腕骨外側上顆炎

テニス肘かと感じた時は早めに適切な治療を

 

人間の肘関節は、肩から肘までの上腕骨と肘から手首までの橈骨・尺骨という2本の骨により構成されています。

そして上腕骨の外側の突起部分に手首を伸ばす働きをする長橈側手根伸筋と短橈側手根伸筋が、指を伸ばす働きをする総指伸筋がついています。

肘の使い過ぎなどにより、これらの筋肉の始まりの部分が障害されて、肘の外側から前腕にかけて痛みが生じる症状がテニス肘です。

ただ、物を持ち上げたり捻じったりした時などに痛みが生じますが、安静にしている時には通常痛みはありません。

ちなみに、この名称はテニス愛好家によく起こる症状なので通称で呼ばれていますが、正しい病名は上腕骨外側上顆炎と言います。

またテニスが原因で発症した人は1割程度と言われていて、発症する方の多くは料理人や主婦といった物をつかんで手を動かす動作が多い人、パソコンの作業が多い人です。

その他には、配達など重量物の運搬作業をしている人にもよく見られます。

 

テニス肘にはフォアハンドとバックハンドの2種類があって、フォアハンドでボールを打つ時に痛みが起こるのか、バックハンドで打つ動作で生じるかで異なります。

ただバックハンドについては両手打ちでは発症しなくて、片手打ちのみで発症するのですが、これはフォアハンドで使用する筋力よりバックハンドで使用する筋力が弱いことが関係しています。

つまり、フォアハンドよりバックハンドの方が一般的に多く発生すると考えられるのです。

発症する主な原因として考えられていることは、下肢で作った力を体・肩・腕・ラケットの順に正しく伝えられない間違ったスイングフォームを続けることです。

このように、腕だけの力で打つ手打ちになることで、肘周囲の筋肉にストレスがかかって筋肉の炎症が起こるため発症するのです。

特に、勝負に拘って強いボールを手打ちで打ち続ける方は発症のリスクが高くなってしまいます。

 

主な症状としては、ラケットにボールが当たった瞬間に肘周辺に痛みを生じますし、重症になると肘を曲げ伸ばしだけでも痛みを感じるようになります。

さらに症状が進行して酷くなると、肘周辺が腫れて安静時であっても痛みを感じるようになります。

その他の症状としては、熱感がある・赤くなる・腫れるなどが挙げられます。

 

テニス肘は、一度発症すると完治するまでに長い時間がかかりますし、再発率も比較的高いので発症しないように予防することが大切です。

効果的な予防法としては、ガットを緩めに張りってテニスの回数・時間を週1回2時間程度にすることを心掛けることです。

また、もし痛みが生じた場合は無理をしないで安静にして、できる限り早めに病院へ行くことです。

再発防止に関しては、強いボールを打たないこと、基本に立ち返って運動の前後に全身のストレッチをしっかり励行することです。

いずれにしても安易に自分で判断しないで、早めに病院を受診して適切な治療を受けるように心掛けることが一番です。

 

古河市  上腕骨外側上顆炎なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。