古河市  ストレートネックの様々なタイプ

ストレートネックには様々なタイプがある

 

正常な人間の首の前弯角度は30~40度ですが、その生理的前弯角度が30度以下の状態をストレートネックと言います。

ただ、この名称は首がまっすぐに歪んだ状態を示す言葉であって病名ではありません。

発生する原因のひとつはスマホやパソコン作業による不良姿勢で、慢性的なうつむき姿勢を継続してしまうことで、首の生理的なカーブが失われてなります。

これが最も代表的な原因で、スマホの普及で使い過ぎ人が増加したことで、ストレートネックになる人も増えてきています。

リュックサックを使用することが原因で起こることもあって、リュックを使用することで重心がお尻の方に下がって、頭部を前方へ倒さなければバランスを保てなくなることが影響しています。

また、両肩で支えているので巻き肩になりやすくて、腕が内旋して手の甲が前を向いてしまう姿勢になって、小胸筋と広背筋を持続的に緊張させることも関係しています。

バレエやダンスなどによる姿勢矯正、ボクシング・レスリング・柔道などで頭部や首への衝撃、顎を引き背中を丸くした姿勢など、スポーツ障害で起こる場合もあります。

それから加齢変化による椎間板変性により頚椎椎間板症や頚椎症などを発症してしまうことにより起こるケースもあるのです。

 

ストレートネックを改善する対策としては、初期段階や症状が軽い時なら首局所のマッサージやストレッチなどを実施することで改善する場合があります。

ただ首だけの問題ではなくて、インナーユニットの機能低下で発生を助長したりするので、なかなかマッサージやストレッチだけでは解決してくれないことが多いです。

根本的な解決をするためには、全身の骨格から改善することが必要で、原因となっている縮んだ肋骨を広げたり、巻いた肩を開くという動作したりする必要があります。

その為には、整体院や整骨院などの治療院で骨格を整える施術を受けるのが一番です。

ただ、発生につながる姿勢を改善することや、腹式呼吸を意識して行うことなども、解消するセルフケアとして有効なことです。

 

それから、猫背や不良姿勢による頭部前方偏位型のストレートネックが最も多いのですが、その他にも様々なタイプがあります。

どのようなタイプがあるのかを知っておくことも改善する対策につながるので、参考として知っておくと役立ちます。

先にも触れましたが垂直型のバレリーナ・ダンサータイプというのがあります。

このタイプは一見姿勢の良い人に見えますが、過度に姿勢矯正をすることで背骨全体がまっすぐになる傾向にあって、顎が引けて首が垂直に伸びてしまうのです。

骨盤や股関節に歪みが発生している骨盤・股関節タイプというのもあって、その歪みを補うために背骨全体のバランスが変わって、その結果頭が前へ突出して首が真っすぐになってしまいます。

外反母趾・偏平足・足底筋膜炎など足の疾患が要因となる足タイプというのもあって、足は首のバランスを取ることと大きく関係しているのです。

つまり、きれいな足の形があってきれいな骨盤の傾斜が確保できて、正常な首の前弯が保てるのです。

 

古河市  ストレートネックの様々なタイプなら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。