古河市 五十肩

こんにちは、院長の霜出です。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

 

今回は五十肩の症状で変化が出たポイントを書いていこうと思います。

肩でみるところはどこでしょう。

まず最初にローテーターカフは見るでしょう。しかし、なかなか経過が上がってこない人には『肋骨』を診てみて下さい。ここで今日の患者さんは変化が出ました。

肋骨が上がっていて、鎖骨を押し上げ、結果として肩の可動域が異常を起こしていました。

 

肩の疾患なので肩周辺ばかり目が行きがちですが、少し引いた目線で身体を観察してみると新たなポイントを見つけることが出来るかもしれません。