古河市 治療時間

こんにちは、院長の霜出です。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

 

治療時間は長い方がいいでしょうか、短い方がいいでしょうか、

 

 

もちろん短い方がいいです!

時間は短く、圧は弱く、手数は少なく、これが身体を良くするのには大切です。

 

身体を良くするのには、無駄な事はしないに限ります。

施術を行って、多少変化が起きたところで治療を終わるのがベストです。

そうすることによって、自分で自分を良くする自己治癒力が高まります。

そのスイッチをONにすることが我々の仕事と言っても良いくらいですね!

 

手術をするときに、時間が長く、メスを深く、必要では無いところを切られたくはないですよね?

それと一緒の考えで我々は施術を行っています。

ごくまれに施術時間が短くないですか?と言われることがありますが、その質問をする時点でその方は治療をしている感覚ではなく、慰安のマッサージを受けている感覚なんだと思います。

 

こちらの考えと患者さんの考えが噛み合っていないのでやはり良くなるスピードは遅いですし、途中で受けに来なくなります。それではお互いのためにならないので、考え方を少しだけ変えて施術を受けてみたらどうでしょうか