古河市 逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎は高齢者だけでなく若い人にも増えている

 

食後に胸焼けがする・ゲップが出る・喉に酸っぱいものや苦いものがこみ上げてくる感じがするといった症状がみられる時は、逆流性食道炎の可能性を疑ってみる必要もあります。

胃の中で胃液と混ざり合った食べ物や胃液自体が食道に逆流する病気で、胃液は強い酸性なので食道に逆流することで、食道の粘膜を刺激して食道の粘膜がただれたり潰瘍ができたりします。

また最近では、高齢者に起こりやすい症状と考えられていた症状だったのですが、若い人にも増えているので注意が必要です。

発症する主な原因として考えられるのは、食道と胃のつなぎ目にあたる下部食道括約筋の筋力の低下です。

下部食道括約筋が通常は胃液の逆流を防いでいるのですが、加齢などにより緩むと胃の中のものが食道に戻ってきてしまうのです。

 

若い人に増えてきている理由や起こる原因として考えられるのは便秘による腹圧の高まりで、お腹が張ってしまうと胃は腸からの圧迫を受けて、それにより食道への逆流が起こりやすい状況になるのです。

慢性的な便秘に悩む人の約10%に発生していると言われていることからも起こりやすいことが分かります。

また脂肪分の多い食事をすることで、コレシストキニンというホルモンが十二指腸から分泌されて、それにより下部食道括約筋が緩んだり胃酸が増えたりします。

脂肪が他の栄養素と比較して消化に負担がかかることが関係していることで、脂肪分の多い食事を好んで食べる若い人に起こりやすくなるのです。

逆流性食道炎は、辛い症状が起こるだけではなくて、そのまま放置していると潰瘍に進行したり、食道がんのリスクが高まったりします。

また、若い人に見られる原因の便秘や高脂肪の食事は大腸がんのリスク要因のひとつでもあるので、そうしたリスクがあることも知っておくことが大事です。

 

逆流性食道炎の治療は、飲み薬で酸の分泌量を減少させたり、食道の運動機能を改善したり、胃酸を中和したりして、食道の粘膜を保護・修復することを目的に行われる薬物療法が中心となります。

ただ薬物療法で効果が見られない場合や、重症の場合などには外科的手術を行う可能性も考えられますが、あまり一般的ではありません。

それから生活習慣の改善も治療につながる重要なポイントで、基本は脂肪分の多い食事を控えて胃に対する刺激の少ないものを腹八分目で食べることです。

また、酸味の強い食品もできる限り控えるように心がけることも必要です。

それから、お腹をベルトできつく締め付けすぎないことや無理して重いものを持たないこと、肥満に注意するなどを心がけて腹圧が高まるのを避けることも大事です。

 

セルフケアとしておすすめなのは、油をオリーブオイルに変えることで、それが予防や緩和につながります。

オリーブオイルを用いた料理を食べた後は胸焼けなどの症状がほとんど起こりませんし、下部食道括約筋を緩めることがほとんどないのです。

また、オリーブオイルには便秘を改善する効果もあるので、オリーブオイルに変えることも検討してみると良いです。

 

古河市 逆流性食道炎の治療なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。