古河市 起立性調節障害により起こる症状

起立性調節障害は病気であると理解することも必要

 

自律神経系の異常により循環器系の調節が正常に機能しないことで、様々な症状を引き起こしてしまう疾患が起立性調節障害です。

小学校高学年から中学生に多くみられる疾患で、この時期が体の様々な機能が大人へと変化していく第二次成長期と重なることが影響していると考えられています。

この大人への変化が自律神経系に影響を引き起こして、循環器系の調節がうまくいかなくなるのです。

また、真面目で気を遣う子供も発症しやすいと言われていて、これはストレスを溜め込みやすいという精神的・環境的要素も関連すると考えられます。

立ちくらみ・疲れやすい・長時間立っていられないなどが典型的な症状で、朝起きられないことから不登校になる子供もいます。

すべての症状を疾患として扱う必要はありませんが、あくまでも体の病気で本人が頑張ればどうにかなるというものではないのです。

特に日常生活に支障をきたしている場合は疾患と考えて、専門医の診察を受ける必要があります。

 

起立性調節障害により起こる症状は他の疾患でもみられるものが多いので、症状にあわせて必要な検査を行って、他の疾患でないことを確認する必要があります。

他の疾患が否定され発症の疑いが強い時には、新起立試験を行って明確に見極めていきます。

また現在までに4つのタイプが確認されていて、起立直後の血圧低下からの回復に時間がかかる起立直後性低血圧タイプ、血圧の回復は異常ないけど起立後心拍の回復がなく上昇したままの体位性頻脈症候群タイプがあります。

それから、起立中に急激な血圧低下で失神する神経調節性失神タイプ、起立を続けることで少しずつ血圧が低下して失神に至る遷延性起立性低血圧タイプもあるのです。

この4つの中で起立直後性低血圧タイプと体位性頻脈症候群タイプが多くて、神経調節性失神タイプ・遷延性起立性低血圧タイプは比較的少ない傾向にあります。

ただ起立直後性低血圧・体位性頻脈症候群に引き続き神経調節性失神が起こったり、経過中にタイプが変化したりすることもあります。

 

起立性調節障害は内服治療を中心に保存的療法で治療しますが、軽症であれば症状を緩和するための注意に取り組むことで症状をコントロールすることできます。

症状緩和のためのポイントのひとつは、循環している血液量を増やすために水分と塩分をしっかりと摂取することです。

摂取量の目安としては食事以外に2Lの水分と食事による10gの塩分摂取ですが、1日3食おいしいと感じる味がついている食事をしっかりとしていると1日7g程度の塩分は摂れます。

2つ目のポイントは、自律神経系を整えて体の調節が正常に行われるようにするために日中は寝転がらないということも大切です。

3つ目のポイントは、急に立たずにゆっくり立ち上がって最後に頭を上げるようにすることと、長時間の起立はできるだけ避けることも大事です。

4つ目のポイントは、症状悪化の大きな要因となるストレスを上手にコントロールすることで、その為には充実した生活ができるように周囲で協力して見守ってあげることです。

 

古河市 起立性調節障害により起こる症状なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。