古河市 三叉神経痛が起こる原因

顔面神経痛の代表格言われているのが三叉神経痛 

 

刺されるような激痛と形容されて日常生活に大きな支障をきたす三叉神経痛は、顔面神経痛の代表格と言われています。

三叉神経とは、こめかみの奥深いところに存在している三叉神経節から3本に分かれている痛みなどの感覚を伝える知覚神経です。

第1枝は眼神経・第2枝は上顎神経・第3枝は下顎神経と行って、この3本の神経がそれぞれ顔の上部・中部・下部にのびて領域を支配しています。

このように顔全体を支配していることから、三叉神経痛が顔面神経痛の代表格と言われているのです。

ちなみに、三叉神経節から3本に分かれていることから三叉神経という名前になっています。

 

何らかのきっかけで症状は表れることが多く、例えば歯磨きを始めた時・みそ汁を飲もうとした時・声を出した時・冷たい風に当たった時などです。

こ日のように日常生活におけるありふれた行動が引き金になって激しい痛みに襲われますし、痛みの持続時間は短い場合が多いのですが、1日に何回も顔の片側に起こります。

また、第1枝なら目の奥や眉間から額にかけて痛くなりますし、第2枝なら副鼻腔や上の歯に痛みが、第3枝は下の歯に痛みが起こります。

その為、どの枝に問題が生じているかによって、症状が出る場所にも違いがありますし、他の症状と勘違いしてしまうことも少なくありません。

三叉神経痛と気づかずに、目が痛いなら眼科へ、鼻が痛いなら耳鼻咽喉科へ、歯が痛いなら歯科へ行くことになります。

神経の病気に詳しい医師なら適切に判断して、脳外科に行くよう助言してくれますが、場合によっては気付かれないこともあります。

ですから、顔に痛みが起こっている場合は、痛む部位の診療科と脳外科の2本立てで受診することがおすすめです。

 

三叉神経痛が起こる原因は、動脈と神経のぶつかりというケースが比較的多いです。

健康な人は動脈と神経は大体並行して走っているので、神経が血管から圧力などの影響を受けることはありません。

しかし、加齢などで動脈硬化が進行すると血管が蛇行し神経にぶつかるところが発生して、血管の拍動が神経を叩くようになって痛みを感じるのです。

その他にも脳腫瘍や帯状疱疹が原因という場合もあります。

治療としては薬物療法から始めて、特効薬と考えられているのが神経の興奮を抑えて落ち着かせるカルバマゼピンという抗てんかん薬です。

たた服用を継続することで効きにくくなって、そのため徐々に増量するのですが量が増えると副作用も強くなります。

特に、ふらつきという副作用は生活するうえで危険なので、状況を見て薬物療法を中止することもあります。

このように、カルバマゼピンが効かなかった人や、副作用で薬物療法が限界に来た人については手術が進められることもあります。

 

こうした三叉神経痛も手ごわい症状ですが、それ以上に手ごわいのは三叉神経痛以外の顔面神経痛です。

その理由は、原因が不明で薬物療法も確立されていなくて手術の対象にもならないからです。

ただ、医師としても様々な内服薬などを順番に試して症状の緩和に努めてくれます。

 

古河市 三叉神経痛が起こる原因なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。