古河市 眼精疲労

眼精疲労は早く病院で診察を受け対策をすること

 

目が疲れる、目が痛いなどといった症状を経験する方も少なくありませんが、通常はしばらくすると解消されます。

しかし、そうした症状が解消することなく頑固に続いたり、体に何らかの悪影響を引き起こしたりする状態を眼精疲労と呼んで単なる目の疲れと区別しています。

それから単なる目の疲れと違って自然に症状は改善されないので何らかの対処をしなければなりませんし、放置していると症状が悪化してしまうこともあります。

単なる目の疲れと軽く考えて放置するのではなくて、できる限り早く病院で診察を受け対策をするように心がけることが大事です。

 

引き起こす原因の1つ目は、何らかの病気や異常が発生していることです。

具体的には、近視・乱視・老眼でメガネやコンタクトレンズが合っていないことで、それにより水晶体の厚さを調節する筋肉が常に緊張することです。

また左右の視力に大きな差があって、それを無理にメガネで矯正すると不等像視というのが起こって発生することもあります。

その他には、ドライアイ・緑内障・白内障やその手術の影響・斜視や斜位・眼瞼下垂などといった病気や異常が原因になります。

 

2つ目の原因は体の病気が引き起こす症状が目に現れることで、かぜやインフルエンザ・更年期障害・自律神経失調症・虫歯や歯周病・耳や鼻の病気などで起こり得るのです。

3つ目の原因は目の酷使や視環境の問題で、目は使えば使うほど疲れますし、社会環境の変化により目を酷使することが少なくありません。

その為、目を使う環境は益々過酷になるばかりですし、住宅建材に含まれる化学物質などの影響で体調不良となるシックハウス症候群も関係しているといった指摘もあります。

4つ目の原因は精神的なストレスで、強いストレスの影響は不安感が異常に強まる、イライラして落ち着かない、眠れないなど精神的な症状として現れます。

また一方で体に対しても影響を起こすもので、高血圧・血行不良・胃潰瘍などといった多様な病気を引き起こしますし、目もその一つで症状を引き起こしてしまうのです。

このようなことが原因として考えられますが、これらのひとつだけしか該当しない場合は、目の疲れは起きても眼精疲労までには発展しません。

目の疲れを引き起こす小さな原因がいくつか重なり合って目の負担が増えることで起こるのです。

 

眼精疲労の対策ポイントの1つ目は背後に何らかの病気が隠れてないかチェックすることで、視力・眼圧・眼底・視野・眼球運動などの検査を行って、病気や異常がみつかったらその治療をします。

2つ目の対策はメガネやコンタクトレンズが目にあっているのかをチェックすることで、目の負担を軽くする対策を行うことです。

3つ目の対策は、視環境や視生活をチェックすることで、例えばパソコン作業中の照明の明るさや姿勢、使用時間などをチェックして、環境を整えたり休憩をとって目を休めたりすることです。

また、室内の環境もチェックして、ドライアイを引き起こさないようにすることも大切です。

4つ目の対策は、ストレスを適度に発散して解消することです。

 

古河市 眼精疲労なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。