古河市 顎関節症の治療

生活習慣を改善していくことも顎関節症の治療につながる

 

食事をしたり話をしたりする時に連動して動いている顎は、微妙に入り組んだ形と複雑な機能をもっていて筋肉・関節・神経が集中しています。

この顎の関節やその周囲が何かの原因により、思い通りに動かない、食べ物が噛みにくい、動かすと不快な音がする、痛みで口が開かないといったことを引き起こすのが顎関節症です。

また症状は単に顎ばかりではなくて、肩こり・腕や指のしびれ・偏頭痛・耳や鼻の不快感など、広範囲にわたる症状が見られます。

人によっては軽い症状から重い症状まで個人差が大きいという特徴がありますが、日常生活に支障をきたすことも少なくないので適切な対処をする必要があります。

何もせずにそのまま放置していると、症状が進行して顎の機能が完全に破壊されてしまうことも稀にあるので注意が必要です。

 

顎関節症の原因としては様々なことが考えられますが、上下の歯の噛み合わせの異常が原因で起こることが多いです。

また精神的な緊張やストレスにより顎周辺の筋肉を緊張させて、それにより噛み合わせがアンバラスになって、無理な力が関節にかかり顎関節に負担をかけることも原因としてあります。

それから歯ぎしりや何かに熱中したり緊張したりして強く歯をくいしばることも、顎の関節に大きな負担をかけます。

さらに、生まれつき顎の関節に問題のある人や関節に外傷を受けるなど、体の問題が原因となることもあります。

その他にも、唇や頬の内側をかむ癖がある、頬杖・うつ伏せ寝・不良姿勢、入れ歯や歯のかぶせ物が合っていない、口を大きく開けたり硬いものを噛んだりするといったことも原因になります。

また、左右どちらか一方でばかり噛む癖がある、うつ・不安因子がある・、睡眠障害があるといったことも引き起こす原因として考えられます。

それから、誘因となる原因がひとつの場合もありますが、複数の原因が微妙にからみあっていろいろな症状を引き起こすことが多いです。

 

顎関節症の治療法としては、誘因となる原因を明らかにして、それらを解消していくことが一番の治療です。

例えば、最も多い原因と言われる噛み合わせの悪さが関係しているのなら、噛み合わせを治すことが一番重要です。

その為には、マウスピースのようなスプリントを用いて、上下の噛み合わせが均等に接するようにします。

これにより顎の関節頭が正常な位置に戻って、筋肉の緊張が解消されスムーズに動かすことができるようになります。

微調整をくり返して症状が改善された段階で、必要があれば入れ歯やクラウンなどを入れて噛み合わせの関係を治すことも行われます。

また治療と共に大事になることは、自分でできることを実施していくことで、顎関節や筋肉に痛みが生じている時には安静にします。

特に、大口を開けることや顎の使いすぎは症状を悪化させてしまうので注意することが大事です。

それから、できる限り顎の負担を軽減できる食事にしたり、悪い癖を意識して改善したりすることも大切で、生活習慣を改善していくことも治療につながります。

 

古河市 顎関節症の治療なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。