古河市 過敏性腸症候群の予防方法

ストレスにより発症する過敏性腸症候群

 

炎症やポリープなどの疾患が腸にないのに、慢性的な腹痛と共に下痢や便秘が起こって、排便すると痛みが軽減するといった特徴がみられる疾患が過敏性腸症候群です。

ストレスによる自律神経の乱れで腸の蠕動運動に障害をきたすことで起こるもので、現代社会に急増していて悩まされる人も少なくありません。

主な症状は、先にも触れましたが腹痛を伴う下痢や便秘で、下痢型・便秘型・下痢と便秘が交互に起こる交替型があります。

下痢型は急激な腹痛と便意を伴う1日3回以上の水のような便が排泄されますし、便秘型は週3回以下に排便回数が減少すると共に、排便時には腹痛も起こります。

 

日常生活から考えられる発症する原因のひとつが、不安や緊張などによる精神的ストレスです。

経験したことのある方も多いでしょうが、不安を感じたり緊張したりする時に、急にお腹が痛くなったりトイレに行きたくなったりすることがあります。

これは脳と腸には深い関係があって、強いストレスを脳が感じると腸の蠕動運動に異常がおこるためで、下痢や便秘の症状を引き起こしてしまうのです。

一時的なケースなら大きな問題はありませんが、1年程度にわたり頻繁に発生する場合は過敏性腸症候群の可能性も考えられるのです。

もうひとつの原因として考えられることは、過労や睡眠不足などといった身体的ストレスです。

過労や睡眠不足などで体が疲れたり、食事が不規則な生活が継続したりすると、体がストレスを感じて精神的ストレスと同様に腸の蠕動運動に変化が起こります。

 

過敏性腸症候群の日常生活で可能な予防方法のひとつは、何と言っても原因となるストレスを軽減することです。

その為には、多忙な日常を過ごしていても読書やテレビを楽しむとか、お風呂にゆっくりとつかるなど息抜きの時間を持つことです。

このようなことでストレスを軽くする生活を心がけて、ストレスを溜めないようにするのが一番です。

もうひとつの予防方法は規則正しい生活を送ることで、できる限り毎朝決まった時間に起きて、同じ時間に三食きちんと食べて体のリズムを整えることです。

また睡眠時間が足りない時には、短い時間でも深い睡眠ができるように睡眠環境を整えることも大切です。

 

予防方法と共に対処法も大切で、そのひとつが腸をいたわる食生活を心がけることです。

下痢タイプの人は、冷えた食事や冷たい飲み物・牛乳などの乳製品・高脂肪の食事などを避けて、できる限り腸に刺激を与えないようにすることです。

便秘タイプの人は、キャベツ・ゴボウ・バナナ・納豆など、繊維が豊富な食品を積極的に摂取して自然にお通じできるように促すことです。

市販の薬を利用することや病院で診察を受けることも対処法として考えられることです。

特に日常生活に支障をきたす症状がある場合や症状に苦しんでいる時には、一度医師の診察を受けることをおすすめします。

主治医や消化器科・胃腸科を受診すると良いですし、ストレスが強い場合には心療内科も受診の対象となります。

 

古河市 過敏性腸症候群の予防方法なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。