古河市 ランナー膝やランナーズニー

ランナーズニーは根本原因をしっかりと考えて治療を

 

走った時や走った後、またはある一定の距離まで走ると膝の外側に痛みが起こる症状が腸脛靱帯炎です。

また、膝に痛みが生じても休むことである程度良くなって、走り始めるとまた痛くなることを繰り返す症状で、病院の診断では使いすぎやオーバーワークが原因と言われます。

ちなみにランナーに多くみられるケガなので、ランナー膝やランナーズニーと呼ばれることもあります。

オーバーワークが原因と考えられていることから、安静にしてアイシング・湿布・電気治療・マッサージ・ストレッチなどが一般的な治療として行われます。

しかし、こうした治療をしてもなかなか良くならないことも少なくないもので、それは根本的な原因にたいして働きかけた治療をしていないからです。

 

一般的な原因として考えられているのは、大腿骨外側上顆と腸脛靭帯が膝の曲げ伸ばしのしすぎにより擦れて、その部分に炎症が起きて痛みが生じることです。

しかし本来腸脛靭帯は、骨と擦れ合うようになっていませんし、ある程度の柔軟性と弾力があるので、擦れにくいですし擦れても簡単には炎症は発生しないのです。

では、なぜ擦れるようになってしまうのか、ランナーズニーの根本的な原因は何なのかというと、それは筋肉の硬さです。

腸脛靭帯は大腿筋膜張筋やお尻の筋肉とつながっていて、大腿筋膜張筋やお尻の筋肉が硬くなることで、腸脛靭帯が硬くなった筋肉に引っ張り続けられて張っていきます。

そのような状態で膝の曲げ伸ばしなどの動作を繰り返すと、骨と腸脛靭帯が擦れやすくなりますし、炎症を引き起こして痛みを生じることになるのです。

ですから、腸脛靱帯を張らせている原因の筋肉の硬さを解消することが、ランナーズニーによる痛みを改善することにつながるのです。

 

では、なぜ大腿筋膜張筋やお尻の筋肉が硬くなってしまうのかというと、ランナーの方に多く見られるのは足首や足の指の硬さが影響しているケースです。

人間の足の裏には3つのアーチがあって、そのアーチがあることで地面からの衝撃を吸収してくれます。

しかし足首や足の指の筋肉が硬くなると、このアーチが機能しなくなってアーチで衝撃を吸収することもできなくなるのです。

そして、正常に吸収できなかった衝撃は、足首から上のふくらはぎやスネ・太もも・お尻の筋肉などに直接の負荷になってしまい筋肉が硬くなります。

特に、現代はコンクリートやアスファルトなど固い地面を走ることが多いので、足首や足の指は硬くなりやすいのです。

 

もちろん足首だけではなく人によって硬くなる場所が異なりますが、筋肉を包んでいる筋膜は全身につながっていて、腸脛靱帯自体が筋膜の集まった組織とも言われています。

その為、どこかの筋膜が硬くなれば腸脛靱帯は影響を受けるので、全身の繋がりを考慮した治療をしていかないと根本的に痛みは改善されないのです。

一般的なランナーズニーの原因に当てはめて治療するのではなくて、なぜ起きているのか根本原因をしっかりと考えて治療をすることが大事になるのです。

 

古河市 ランナー膝やランナーズニーなら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。