古河市 モートン病の治療

モートン病は足の横アーチが大きく影響してくる

 

趾間神経が圧迫されてその部分が肥大化することにより、深部に痛みやしびれ、感覚低下などが症状として起こるのがモートン病です。

ただ趾間神経が圧迫されることで神経腫がなぜ発生するのかは、現段階でははっきりと分かっていなくて、いくつかの説が提唱されているだけです。

また、病院を受診してレントゲン検査しても、足が専門でない医師では病気自体を知らないこともあって、骨に異常はないといわれてしまうことも少なくありません。

実は神経腫は神経組織でCTやMRIでなければ判断しにくいのです。

しかし、大まかな原因・症状・好発部位・対処方法などが、少しずつ解明されてきているようです。

 

発症することで痛くなる好発部位は、第3~4趾中足骨間に集中しています。

なぜ頻度が高いのかというと、その理由のひとつは外側足底神経と内側足底神経が分岐する部分で、他の神経と比較して圧迫されやすいからです。

もうひとつの理由は、足の骨格構造が2階建てとなっていて、踵骨・立方骨の1階部分と距骨・舟状骨・楔状骨の2階部分の間にあって、歩行時の荷重や外反偏平足などの影響を受けやすいためです。

また発症することで起こる主な症状は、ピリピリと深部に強い痛み・しびれ、それと感覚低下です。

こうした症状が起こる原因としてはいくつかありますが、直接的な要因になるのは横幅の窮屈な靴を履いている、ハイヒールなど指を背屈させるような靴を常用しているがあります。

また、開張足や外反偏平足で前足部変があって負荷の増大することも要因のひとつです。

なぜ、このようなことが痛みを引き起こす直接的な原因になるのかというと、足の横アーチが崩れると足の幅が広くなって、普段履いている靴の幅がきつくなるからです。

ハイヒールの場合は、横アーチが崩れると元に戻ることを歩くたびに繰り返すからで、開張足や外反偏平足でない人でも発症する可能性が生じるわけです。

 

モートン病の治療には、何らかの原因で足のアーチ構造に異常をきたして、内側縦アーチが押し潰されたり体重がかかる場所が体の内側にずれたりする過回内の矯正が有効です。

その為の方法としてはいくつかありますが、一番簡単でセルフケアができるのが適切な靴を履くことで、具体的には窮屈な靴やハイヒールをやめてスニーカーを履くことです。

また矯正用のインソールを着用したり、足裏のテーピングでアーチ構造を矯正したり、サポーターを着用するなども治療法としてあります。

それから、病院で抗炎症作用や痛みをやわらげる効果があるステロイド注射をするのも治療となります。

こうした治療により矯正がうまくいけばマラソンをしても大丈夫になりますが、これらの治療を試しても治らない場合は手術の適用となります。

手術の方法としては、主に神経腫切除術・神経剥離術・深横中足靱帯の切除の3種類があって、一番適している方法が選択されます。

ちなみに、入院となりますが退院は早くて翌日、長くても2週間以内となる場合が多いです。

 

古河市 モートン病の治療なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。