古河市 痛み止めの薬

こんにちは。院長の霜出です。

 

痛み止めの薬を飲んで安心している人へ。

最近よく患者さんから聞く話で、痛み止めを飲んでいるからとりあえず大丈夫なんです。

という話を問診時に話されることが多いです。

しかし、それって本当に大丈夫なんでしょうか…

痛みが出ているってことは身体が長い時間をかけて庇って庇って庇いきってそれで庇いきれなくなり身体に痛みとして出現しているのですよね。

 

それを痛み止めを飲んで安心していてはいけません。

 

人それぞれ考え方はあると思いますが、薬に頼らず、自分の本来ある自然治癒力を高め、痛みの出にくい身体作りをしていった方が私はいいと思います。

それが整体を受ける意味ではないでしょうか…

 

このことについて少し考えてもいいんではないでしょうか。