古河市 ストレートネック

若い世代に急増している「ストレートネック」は、首の痛み、肩の痛み、それにともなう様々な不調を引き起こす症状の一つです。

ここでは、10代から幅広い年齢、性別問わず発生するストレートネックについての情報をお届けします。

 

【ストレートネックとは】

 

ストレートネック予防用の枕やクッションが販売されるほど、注目される「ストレートネック」は、スマホの急速な普及がその背景にある、と指摘されています。

その理由が、スマホを操作している時の姿勢です。

 

スマホ操作時の自分の姿勢を鏡にうつし、確認してください。

そのとき、どんな姿勢になっていますか?

 

頭が肩や胸よりも前に突き出て、首がまっすぐに伸びているのが分かります。

首というのは、適度にカーブすることで、頭という重さを楽に支える事ができます。

 

またカーブがあることで、体にかかる衝撃を緩やかに受け止める事が可能なのです。

しかし、スマホ操作時のように、まっすぐに伸びた状態では、首にかかる負担は深刻。

 

カーブがあるときよりもはるかに大きな負荷が首にのしかかっていると考えられます。

さらに、その影響は、首だけでなく、肩、背中にまで及び、慢性的な肩こり、腰痛それに伴う頭痛といった症状を引き起こします。

 

それだけではありません。

首がまっすぐに伸びることで、体全体が歪み、その歪みで神経が圧迫されると、全身にかかる自律神経が乱れ、イライラ、集中力の欠如、記憶力の低下、冷え性やむくみ、眼精疲労や倦怠感、など実に様々な不調を抱える事も。

 

【あなたは大丈夫?】

 

自分は、ストレートネックとは関係ないと思っている方も、無意識に不良姿勢が原因でストレートネックになっている可能性がありますので、今すぐチェックしましょう。

 

方法は簡単です。

壁に背を直立します。

 

そのとき、かかと、お尻(仙骨)、肩甲骨、後頭部がしっかりと点で壁につくのを確認してください。

これを無理なくできる場合は、ストレートネックではありません。

 

しかし、いずれか一つでも壁につかない、つけようとすると痛みがある、という場合は、ストレートネックの可能性が疑われます。

また、すでに体全体のゆがみも発生していますので、早めに骨盤矯正等を整骨院、整体、接骨院等で受けるようにしましょう。

 

上記のチェックに加えて、長時間同じ姿勢で仕事をする事が多い(デスクワークや長距離運転など)、首を後ろにすると痛みがある、猫背、肩こりがひどい、等に心当りのある方もストレートネックの可能性があります。

 

【ストレートネックの予防法】

 

体の歪みや不良姿勢を整体や整骨院等で施術してもらったら、自宅でも出来る簡単な方法で、予防を行ないましょう。

おススメの方法は、テニスボールを使ったマッサージです。

 

テニスボールを2個そして、テープを準備しましょう。

テニスボールは、2個を並べてテープで固定します。

 

テニスボールの上に仰向けになり、首の辺りで、グリグリと動かします。

首から肩、背中にかけても全体的にグリグリすることで、筋肉のコリをほぐし、血行を促進。

 

それにより、首の正常なカーブを維持する事ができます。

就寝前やテレビを見ながら等、気が向いたときにできる方法なので、是非お試しください。

 

古河市 ストレートネックなら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。