古河市 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の症状や原因、などを知ると正しい対策が早めに取れます。

しっかりと知識を得て、自分にぴったりの対策を行なってください。

 

【脊柱管狭窄症とは】

 

脊柱管とは、背骨にある管で、その中には、神経が通っています。

そのため、管が何かしらの原因で狭く(狭窄)なると神経が圧迫され、痛みやしびれが起こります。

 

50代以降の中高年に多く、高齢になるほどさらにその腰痛に悩まされる方が増えます。

ただ、狭窄症といえば、腰に発生する「腰部脊柱管狭窄」とすぐに思い浮かぶ方も多いようですが、胸や首でも同じように管が狭くなると痛みや痺れを伴う事も。

 

例えば、わたし達の脊椎は、首の部分の頚椎、胸の部分の胸椎、腰の部分の腰椎と分かれており、狭窄は、その全部の部分で起こります。

首の管が狭窄すると「頚部脊柱管狭窄症」、胸で管が狭窄すると「胸部脊柱管狭窄症」、腰で起こると「腰部脊柱管狭窄症」といいます。

 

また、腰痛の原因として、脊柱管狭窄のほかに、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などもあります。

椎間板ヘルニアは、脊柱管狭窄症のように、腰痛や坐骨神経痛を伴うのが特徴なので、判断を間違い事もあります。

 

中には、排尿や排便のトラブルが発生するなど、急速に危険な症状が現れるケースもありますので、早めに検査を受けるようにしましょう。

腰椎すべり症は、脊柱管狭窄の原因となり、比較的若い方でも発生します。

 

【脊柱管狭窄症の症状について】

 

脊柱管狭窄症は、狭窄が起こり神経が圧迫される部分によって、症状が異なります。

 

・神経根で狭窄が起こる

 

神経根とは、脊髄の末端にある馬尾から左右に枝分かれした神経の根元。

主に、足の感覚、運動に関わる神経で、どちらか一方にしびれや痛みが現われます。

 

また腰からお尻、太ももやすね、ふくらはぎ、足の裏にかけての痛みやしびれ、間欠跛行などの症状も見られます。

 

・馬尾で狭窄が起こる

 

脊髄の末端にある馬尾の神経が狭窄により圧迫されると、両方の足に症状が見られます。

両足の痺れ、痛み、異常感覚、間欠跛行など。

 

また痛みは、神経根ほど強くありませんが、下半身を中心に異様なトラブルが移動しながら発生するのが特徴。

例えば、お尻から足先にかけ後半に麻痺やしびれ、冷感や灼熱感、脱力などがあります。

 

・馬尾、神経根で狭窄が起こる

 

最も厄介なのが、上記で紹介した部分の両方が混合したタイプで、症状も様々。

重症化すると、排尿、排泄などのトラブルまで発生し、歩行時に尿や便がもれたり、股間が熱くほてる、等の症状に悩まされることも。

 

重症化しやすく、手術を余儀なくされることもあります。

 

【脊柱管狭窄症は予防できる?】

 

加齢やデスクワーク、その他、肥満や不良姿勢等あらゆる原因が考えられますが、中でも特に要因となるのが不良姿勢です。

長時間のデスクワーク、猫背やスマホなどの操作時の前かがみなど、これらの要因で、腰に大きな負担をかけることで、早い段階から背骨を構成するあらゆる組織にダメージを及ぼすことがわかっています。

 

そのため、脊柱管狭窄症を予防するには、不良姿勢を改善し、正しい姿勢に意識することが大事です。

ただ、一度歪んでしまった体をセルフケアで元に戻す事は、簡単ではないため、骨のスペシャリスト整体師の施術を受けるのがベスト。

 

その後、セルフケアで、正しい姿勢を意識した生活を送ることで、脊柱管狭窄症に対するリスクが軽減できます。

加齢で、辛い症状に悩まされないためにも、早めに対応してください。

 

古河市 脊柱管狭窄症なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。