古河市 坐骨神経痛

腰からお尻、脚全体にかけて、痛みや痺れを伴うものに、坐骨神経痛があります。

中高年に特に多い症状なので、原因や治療法などを知っておくといいでしょう。

 

【坐骨神経痛とは】

 

坐骨神経痛は、症状名です。

そのため、原因となる病気が体のどこかに潜んでいる事が考えられます。

 

歳のせいだと、安易に判断せず、少しでも異常を感じたら、すぐに検査を受けるようにしましょう。

坐骨神経は、腰から脚にかけて伸びる神経で、その神経が圧迫されると、下肢の広範囲にわたり、痛みやしびれが発生します。

 

多くは、腰痛にはじまり、お尻、太もも、すねや足先に広がります。

 

【坐骨神経痛の原因は?】

 

高齢になると坐骨神経痛の主な原因は、腰部脊柱管狭窄です。

腰の辺りにある脊柱管が狭くなることで中を通る神経を圧迫。

 

それによって坐骨神経痛の症状が現われます。

主な要因は、加齢による骨や靭帯等の劣化。

 

若い人の場合には、腰椎椎間板ヘルニアが坐骨神経痛の主な要因となります。

椎間板とは、骨と骨の間にあるクッション性の役割りを担う組織で、それが本来の場所から突出することで神経を圧迫し、坐骨神経痛の症状を引き起こします。

 

■腰椎椎間板ヘルニア

 

若い方に多く発生する腰椎椎間板ヘルニアは、腰の動きをスムーズにしている椎間板が本来の場所から飛び出したり、形を変えたり、質を劣化させることで発生。

椎間板の中にある髄核が飛び出し、神経に悪い影響を与えることで坐骨神経痛を起こします。

 

■腰部脊柱管狭窄

 

比較的高齢者に多く見られる腰部脊柱管狭窄は、脊柱管が狭くなることで神経に悪い影響を及ぼします。

また生まれつき脊柱管が狭い方は、年齢とともに変化する腰椎や椎間板の影響でそのリスクがさらに高まります。

 

■梨状筋症候群

 

梨状筋はお尻にある筋肉です。

ケガや使いすぎたりすると、広範囲に伸びる坐骨神経を圧迫し、痛みや痺れを発生させます。

 

上記以外にも、脊椎や腫瘍、糖尿病や帯状疱疹など坐骨神経が通る箇所の筋肉の圧迫などにより坐骨神経痛を起こす事が考えられます。

 

【坐骨神経痛の症状について】

 

お尻や太ももの内側、すねなどに痛みやしびれをともなうのが特徴。

ただし、足の一部分で発生する場合があったり、両方で発生するなど、個々で症状の出方が異なります。

 

また悪化すると、麻痺や痛みで歩くのが難しくなる、等日常生活に支障をきたす事も。

坐骨神経痛は、原因となる病気に関わらず、少しでも痛みを取り除く事がポイント。

 

安静にすることで、症状は緩和しますが、それでも対応できない場合は、お薬を服用するのも一つの方法です。

場合によっては、手術をと考える事もありますが、整体や整骨院、接骨院でも坐骨神経痛の症状を緩和するための施術実績がありますので、手術を決断する前に、一度相談してみるといいでしょう。

 

しかし、膀胱や直腸など排泄機能に障害がある場合は、手術がやむ終えないケースもありますので、早めに対応するようにしましょう。

 

古河市 坐骨神経痛なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。