古河市 股関節痛 

股関節痛の痛みに悩まされていませんか?

ここでは、股関節痛の原因や対処法などを紹介しますので、参考にしてください。

 

【股関節痛とは】

 

自分では、普通に歩いているつもりでも、はたから見ると歩き方がおかしいと、指摘される。

また、椅子にすわり足を組む時に違和感を感じる、という場合は、股関節に何かしらの異常が起こっている可能性があります。

 

そのまま放置すると股関節痛に悩まされる事になりますので、早めの対処が必要dせう。

股関節痛の原因は、色々とあります。

 

・変形性股関節症

 

一次性変形性股関節症の原因は不明。

関節を保護する軟骨がすり減り、その結果、骨と骨がぶつかって骨が変形することで股関節痛を発症。

 

二次性変形性股関節症は、生まれつき股関節が脱臼したり、発育が悪いことで発症。

 

・大腿骨骨頭壊死症

 

骨頭に血液を送るための動脈がトラブルを発生。

十分な血液が届かず、骨が壊死することが原因。

 

初期は、軽度の股関節痛ですが、壊死が進行すると関節が変形し、激しい股関節痛が発生。

原因は、今のところはっきりしていませんが、他の病気治療によるステロイドの大量使用やアルコールの過剰摂取が要因とされています。

 

・関節リウマチ

 

こちらも原因は、今のところはっきりとしていませんが、股関節の動く範囲が狭くなり、股関節痛が発生。

免疫の異常で自分の体を自分の力で攻撃する病気で、軟骨がすり減ったり、骨がhんけいすることで、激しい股関節痛が起こります。

 

進行すると股関節をはじめとする全身の関節が痛み、骨が壊死します。

 

・大腿骨頚部転子部骨折

 

股の付け根の骨折で、それが原因で股関節痛を発生。

高齢者、閉経前後の女性に多く見られ、女性ホルモンの減少にともなう骨粗しょう症の人に発症のリスクが高まります。

 

【股関節痛の痛みを軽減するには】

 

すでに発生している股関節痛の痛みを軽減するには、できるだけ、股関節に負担をかけないよう心がける事がポイント。

例えば、トイレの際、座ったり、立ったりを繰り返すだけで股関節に大きな負担がかかるため、和式から洋式に変える。

 

また階段の上り下りを避ける。

杖などを使い、股関節への負担を軽減する、肥満を解消する、等の方法もおススメ。

 

その他、予防法としては、股関節周辺の筋力アップ、動きをスムーズにする運動やストレッチ、マッサージなどが最適。

すぐにできる方法としては、毎日30分程度のウォーキング、中でも水中ウォーキングは、肥満の方にも安心の運動です。

 

ただし、すでに激しい痛みを伴っている場合のセルフケアは禁物。

整体院や整骨院、病院等医師の指導のもと、安全に無理せず取り組むようにしましょう。

 

また患部を温めることで、血行を促進し、股関節の動きがスムーズになるので、入浴も最適。

近年では、シャワーでサッと風呂を済ませる方も多くなっていますが、疲労を取り除くためにも、できる限り湯に体をつける、という事を週に2,3回程度でも行なうようにしましょう。

 

特に、股関節周辺に負担のかかるお仕事に従事されている方、疲労が蓄積しやすい方などの入浴は、股関節痛予防だけでなく、疲労回復、ストレス解消にもおススメです。

 

古河市 股関節痛なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。