古河市 40肩50肩なら

40肩50肩の症状の現れ方、対処法などを紹介します。

それぞれの特徴をよく理解し、辛い時期を少しでも楽に乗り越えられるようにしてください。

 

【急性期は、激しい痛みが特徴的】

 

40肩50肩は、腕をあげたり、動かす事で、激しい痛みを伴うのが一般的。

特に、急性期は、安静時でも痛みを伴います。

 

また寝ている間に痛みが激しくなる「夜間痛」なども発生し、寝返りをうつたびに、痛みで目が覚める、十分に眠れない、等の悩みを抱える事もあります。

しかし、急性期の痛みは、数日から1週間程度で治まります。

 

この時期は、できるだけ無理をせず、安静にするのがポイント。

ストレッチやマッサージを安易に行う事で、炎症が悪化し、さらに痛みが激しくなる場合もありますので、絶対に自己判断による方法は禁物です。

 

お薬等で痛みをコントロールすることもできますので、病院を受診しましょう。

 

【痛みが治まり腕が動かしにくくなるのが慢性期】

 

慢性期になると、痛みはかなり治まります。

安静時でほとんど痛みはありませんが、無理は禁物。

 

痛みがないからといって無理をすると再び激しい痛みがぶり返す恐れもあります。

この時期を慢性期、といい、長く続いた急性期の炎症で、筋肉が収縮してガチガチになっています。

 

そのため、本来の動きが難しく、日常生活に支障をきたすことも。

例えば、髪の毛がセットできない、シャツが着れない、上の荷物が取れない、ネクタイがしめられない、など、腕を動かす動作が難しくなります。

 

肩関節拘縮と呼ばれるトラブルで、整体や整骨院、接骨院等の施術で症状が緩和できます。

この時期に、安静にしすぎると、余計に腕が動かしにくい状態になってしまいますので、少しずつ体を動かすようにしましょう。

 

ただし、急な動きは禁物。

筋肉の硬さを少しずつ取り除くため優しい運動からスタートする事をおススメします。

 

セルフケアで、症状が悪くなる危険性も高いので、お近くの整体や整骨院等でご相談ください。

 

【40肩50肩と間違えやすい病気】

 

ただし、40肩50肩と思っていた症状が実は、他の病気が原因だった、というケースもありますので、少しでも違和感を感じたら、まずは、詳しい検査を受けるのがベストです。

 

自己判断により、症状を放置すると、治療のタイミングを逃すリスクもありますので、注意しましょう。

例えば、腱板炎は、肩周辺の筋肉を損傷する病気で、40肩50肩と同じような不調が現われます。

 

40肩50肩との違いは、筋肉の拘縮が見られないこと。

また腕を他の人に動かしてもらうとほとんど痛みを感じない、というのも特徴。

 

その他、頚椎症性神経根症などがあります。

首の付け根、肩甲骨などに強い痛みを伴うのが特徴で、両方の手足にしびれもともないます。

 

上記の場合、症状は日に日に悪化しますので、早めに対応できるようにしてください。

 

【40肩50肩の予防】

 

40肩50肩は、日頃から、適度な運動により、腕周辺の筋肉の柔軟性を高めることで、予防に繋がります。

特に、加齢で運動不足などが続くと、筋肉ががちがちに固まりやすく、急な動きに対応できずに炎症を発生させ、それを気に40肩50肩になる事があります。

 

特別な運動は必要ありません。

例えば、腕を前後にグルグルと大きくまわしたり、腕をあげたり、下げたりを繰り返したり、肩を持ち上げたり、下げたり、するだけでも40肩50肩の予防になります。

 

また最近人気の肩甲骨はがしは、40肩50肩の予防だけでなく、肩こりや腰痛、眼精疲労等の予防効果も期待できますので、自分に適した方法を見つけ、気軽に40肩50肩予防をスタートさせてください。

 

古河市 40肩50肩なら「Dr.Style 古河店」にお任せください