古河市 すべり症

腰の痛み、お尻から足にかけての痛み、しびれに悩んでいませんか?

その症状、もしかすると「すべり症」が原因かもしれません。

 

今回は、「すべり症」について説明します。

 

【すべり症の主な症状】

 

安静にしている時には、それほど激しい痛みや違和感、しびれはないのに、進行すると安静時でも痛みやしびれを伴うようになるのが特徴のすべり症は、腰痛やお尻、足にかけての痛みが主な特徴です。

 

すべり症により、背骨の神経が通る管(脊柱管)が狭くなることで、脊柱管狭窄症のと同じ、症状が出現します。

例えば、長時間歩く事ができず、休みながら歩く「間欠跛行」等。

 

症状を放置すると、日常生活に支障をきたす事がありますので、早めに対処しましょう

特に、高齢者の場合、それが原因で、認知症や寝たきりの症状に陥る可能性も十分に考えられますので、1日でも早い対応が必要です。

 

【すべり症の原因って?】

 

生まれつき脊椎の発育に問題がある場合、「形成不全性すべり症」と考えられます。

大変稀ですが、形成不全性すべり症の場合、比較的若いうちに症状が現れる事がありますので、一度詳しく検査を受けるようにしてください。

 

分離すべり症は、分離症が原因で、骨がずれてしまうのが要因。

分離症は、椎弓の一部となる上下の関節突起周辺が折れ、連続性が絶たれる症状で、骨を構成する椎弓と椎体がバラバラに離れてしまう状態。

 

第5腰椎に発症するのが特徴です。

そして、第4腰椎に発生し、最も頻度が高いのが「変形性すべり症」です。

 

男性に比べ、閉経を迎える女性の50代から60代に多く見られる症状で、骨の構成に関わる女性ホルモンの減少が要因ではないか、といわれています。

まだ男性に比べ、筋力が弱く、さらに年齢とともに運動不足が起こるなども変形性すべり症を引き起こす原因とされています。

 

【すべり症の治療は?】

 

主な治療法は、薬物、物理療法、手術など色々とあります。

 

・お薬

 

痛みが激しい場合などにお薬を活用し、経過を観察します。

 

・物理療法

 

電気を流すことで、痛みを少しでも緩和するのが目的です。

その他、注射やコルセットでの固定など、様々な方法で、痛みの軽減を目指します。

 

・手術

 

最終手段として手術を選択する事もあります。

神経を圧迫している部分を削るなどの方法で、改善を試みます。

 

ただし、上記の方法でも思うように痛みが緩和できない、症状が良くならない、手術は出来るだけしたくない、お薬の副作用が心配。

という場合は、整体院や整骨院、接骨院などでも、すべり症に対する施術を行なっていますので、気軽にご相談ください。

 

整体、整骨院、接骨院では、豊富な実績、経験等で、個々の症状に合わせた施術を行ないます。

筋肉のこりをほぐしたり、体全体の歪みを矯正することで、神経の圧迫を取り除き、痛みを緩和。

 

また、血行を促進し、巡りを改善することで体本来の力を取り戻す事ができるので、症状の緩和が期待できます。

何をやっても思うような結果が得られないという場合は、是非整体院による施術もご検討ください。

 

古河市 すべり症なら、「Dr.Style 古河店」にお任せください。